”東京・神奈川を中心に一都三県が専門”

特に現在は神奈川県の方からのお問い合わせが増えております

自己負担0円

修理代金は損害保険金よりいただきます。もちろん手数料なども一切なし!

豊富な実績

当社では、年間600件以上の保険申請/工事の実績がございます!

顧客満足度99.4%

火災保険の難しい申請作業や面倒な交渉は専門スタッフが全面フルサポート。

火災保険は「火事の時にしか使えない」と思っていませんか?

その名称から、「火災のときしか申請できない」というイメージを持ってしまいがちな火災保険。実は、火災でなくとも、風害、雪害などの「自然災害で建物が破損してしまった」場合、ご加入中の火災保険が適用される場合があるのです。

火災保険で対応できる、住まいの破損原因

お客様からは、今までお金をかけて修理していたのは本当にお金がもったいなく損していた、といったお声を多くいただいております。火災保険を使った賢い修理・リフォームなら、新日本災害支援機構へご相談ください。

通常、家の破損原因の多くはこれらに含まれるため、正しく保険を申請することによって、家主様の負担なく家を修理することが可能になります。

当社が選ばれ続ける
3つの理由

自己負担0円!

修理代金は損害保険金よりいただきますので、お客様の自己負担金は0円!
工事前のお見積り金額より損害保険金が少ない場合でも、差額分はご請求いたしません。火災保険適用内での工事を行わせていただきます。

豊富な実績!

当社では、年間600件以上の保険申請/工事の実績がございます!厳選した優良工務店との提携により、あらゆる工事を高品質に提供いたします。
知らない業者での工事は少し不安…そんな方にもご安心いただけるよう、徹底した品質管理を行い、工事後も1年間無償で瑕疵対応をしております。

専門家による全面サポート!

保険会社への申請はお客様自身や通常の工務店でも行えますが、そもそも災害による破損だと認められなくては保険金は受領できません。
また、なるべく高い(しっかり工事ができる)金額を受領するにはポイントがございます。
そのポイントをふまえて、当社が全面サポート。
■災害による破損と経年劣化による破損の見分け方
被災箇所の適切な写真撮影(場所、縮尺、角度など)
保険会社の判断基準に沿った申請方法


さらに、当社は専任担当者+サポートチーム制となっております。保険申請のご相談から工事管理、アフターフォローまで、専任の担当者がずっと責任を持って対応いたしますので、迅速かつ細やかな対応が可能です。

一般工務店との違い

一般工務店新日本
災害支援機構
家屋の
被災診断
保険申請
サポート
火災保険
専門知識
保険金額
での工事

災害被害と修理例

お客様の声

横浜市 N様

台風による屋根・軒天の修理

10月の台風続きで軒天や屋根の破損があり修理も大きい費用がかかる為あきらめかけていたところ、新日本災害支援機構さんを紹介頂き保険申請をお願いしたところ無事保険金がおりて修理が出来ました!
工事の進行もスムーズで又、気にしていた出来映えも非常に満足致しております。
今後につきましても、家屋のことはお願いしたく思っております。
本当にありがとうございます。

Profile Picture

相模原市 T様

雪による雨樋の歪みの修理

家を建築してくれた工務店さんに火災保険を使っての修理をお願いしたところ、このくらいでは保険費用出ないのではないかとのこと。修理するか迷っていたところ、こちらのサイトを発見して新日本災害支援機構さんに依頼することにしました。
丁寧に診断頂き、これなら保険費用出ますよ!とのお言葉通り、しっかり保険費用もおり自己負担金なく修理してもらえました。職人さんの誠意ある作業ぶりにも安心しました。

Profile Picture

保険修理の流れ

お問い合わせ
まずはお問い合わせフォームまたは電話にてご連絡ください。
住宅診断
家屋診断のプロがお住まいへお伺いし損害状況の確認をします。所要時間は約1時間です。
写真撮影、書類作成
損害状況の証拠写真を撮影いたします。また、保険申請に必要となる保険請求書類を作成します。
保険費用が適正に支払われるための、保険会社との交渉サポートもおこないます。
保険申請、保険金支払い
保険会社への申請や書類提出をしていただき、保険会社から入金されましたら工事についてのお打ち合わせを行います。
修繕工事
支払われた保険金にて修繕工事を行いますので、お客様の自己負担は0円です。
工事代金は、工事完了後に工事結果のご確認を頂いた後のお支払いとなります。

よくある質問

本当に自己負担0円?
火災保険適用内の工事ですので、自己負担は0円です。
建物調査、見積もり申請サポート、申請書類の作成等、本サイトからお問い合わせ頂いた場合は全て無料で行います。
自分で申請してはダメなの?
ご自身で申請していただくことも可能ですが、そもそも災害による破損だと認められなくては保険金は受領できません。
また、なるべく高い(しっかり工事ができる)金額を受領するにはポイントがございます。
そのポイントをふまえて、当社が全面サポートいたします。
・災害による破損と経年劣化による破損の見分け方
・被災箇所の適切な写真撮影(場所、縮尺、角度など)
・保険会社の判断基準に沿った申請方法
申請すると保険料は上がる?
被災するたびに申請をしていただければ何度でも火災保険は使えます。保険料も自動車保険と違い、等級制度なではありませんので、何度つかっても同じ保険料です。

無料住宅診断のご相談


PAGE TOP
MENU