雨樋が壊れた?火災保険を使うと無料で修理できる?

雨樋は、住宅の外観でかなり目立つパーツでありながら、あまり関心を持たれることがありません。チェックや修繕も後回しにされがちで、劣化していてもそれと気づかれない場合もあります。

しかし雨樋は、雨水から住まいを守り、地味ながら「住まいの寿命を伸ばす」という重要な役割を担っています。破損によりその機能が損なわれると、結果的に住まいへの悪影響が生じます。

雨樋が必要不可欠な理由

雨樋は、屋根に降った雨水を一箇所にまとめ、管や鎖を伝わらせて排水設備に流す役割を担っています。これによって、屋根から落ちた雨水が、建物の外壁や土台を傷めることを防いでいるのです。
雨樋がないと、屋根から直接地面に流れ落ちた雨水が溝や水たまりを作ったり、地面に跳ね返った水が住宅の外壁を濡らしたりすることもありえます。
外壁が雨風にならされると雨漏りのリスクが生じますし、はね返りの水で家の土台が濡れると、湿気が発生して、腐食やシロアリの原因ともなります。日本は雨の多い国柄ですし、湿気は木造家屋の大敵ですから、それだけ雨樋の役割が重要だということになります。

雨樋の破損・不具合の原因や症状

雨樋の繋ぎ目にヒビが入ってしまう

雨樋は、軒樋(のきとい)と呼ばれる屋根の先に取り付けられるものや、竪樋(たてとい)と呼ばれる雨水を下に落とす筒状のものなど、さまざまな建築材が繋ぎ合わされています。繋ぎ目は他の部分よりは負担がかかってしまうため、ヒビ割れなど不具合が出やすい部分になります。

 

雪で軒樋が歪み、雨水を正常に流せなくなっている

大雪が発生すると、雨樋に対して雪の重みがダイレクトに伝わってしまうので、重さによって破損したり歪んでしまう場合があります。軒樋が歪むと正常に雨水を流せなくなり、雨水が溢れて雨漏りを引き起こします。

 

台風の強風・大雨で雨樋が壊れた

台風が発生すると、強風と大雨によって雨樋に大きなダメージを与えます。強風であれば、樋同士が繋がっている部分を外してしまったり、大雨であれば雨水を受けすぎて樋が壊れてしまったり、台風の影響で樋が壊れてしまうことが多くあります。
また、樋同士の繋ぎ目が強風で緩んで外れてしまうと、雨水を正常に流せられなくなるので雨漏りの原因となったりします。

雨樋修理のメリットとデメリット

雨樋修理のメリット

雨どい(雨樋)を修理する最大のメリットは、家の耐久性が守られることです。
雨どい(雨樋)が正常に機能していない場合、屋根から直接地面に直接水が流れていくため、外壁に流れ落ちすぐ劣化してしまいます。また、屋根から地面に水が落ちても、家の基礎を老朽化していくため、最悪の場合家の建て替えという大きな出費になってしまいます。
雨どい(雨樋)の破損をそのままにしてしまうと、建物の寿命を縮めていきます。雨漏りをしていなくても、雨どい(雨樋)の劣化を見つけたら早めに修理することをおすすめします。
密集住宅地やお隣の家と近い場合、壊れた雨どい(雨樋)から、お隣の家や壁を汚してしまったり、雨が落ちる音がうるさいなどとご近所トラブルになる可能性もでてきます。
また、破損をそのままにした場合、状況がどんどん悪化してしまい、他の箇所にも影響を与え修理費も想像以上にかかってしまう可能性が高くなります。人の体と同じで、放っておいて勝手に直ることはなく、破損してからの時間が経てば経つほど直すための時間もお金も手間も増えていきます。

 

雨樋修理のデメリット

雨どい(雨樋)修理にデメリットはありません。
風や雪などによる住宅被害は、火災保険に入っていれば補償の対象となることが多いため、雨どい(雨樋)修理をする時は保険で直せる場合が多いです。

雨樋の工事が無料になる?火災保険とは何か

火災保険は、住居を購入・賃貸したタイミングで加入することが多い損害保険です。不動産業者や金融機関が提携している火災保険に勧められるまま加入し、詳細な保証内容などを知らないままというケースが多いようです。

そのため、実際に火災保険を活用できる修理が発生していても、使えること自体気づかなかったり、使うためにどうすれば良いのか分からないという方が多く、せっかく保険の補償対象になっていても申請しないまま申請の時効を迎えて使えなくなってしまった、実費で修理をしてしまった、ということが非常に多くあります。

火災保険の補償対象となるのは「建物」(住宅そのもの及び動かせない付帯物)もしくは「家財」(住宅の中にある家具や家電など動かせるもの)です。その両方を同時にかけることもできますが、火災保険が適用できる被害が発生したからといって自動的に保険金がおりるわけではありません。契約者(もしくは申請を委託された業者)が申請しなければ、保険金が下りることがありません。これは、火災保険が他の損害保険と同様に「申請主義」を採用しているためです。

また、保険会社に電話一本入れれば保険金がおりるというわけでもなく、お家の保険申請ならではの面倒な点や専門的な知識が必要な点があります。

無料住宅診断

火災保険をつかった修理・修繕リフォームのご相談は、私たち新日本災害支援機構へお気軽にお寄せください。火災保険申請のプロが、ご相談から施工完了まで徹底的にサポートいたします。